FX情報ブログTop >  まずはじめに >  レバレッジ

powerd by 楽市360

レバレッジ


FXで上手いことしたい方へ


FX取引でよく聞く「レバレッジ」とは何でっしゃろか。
レバレッジとは直訳すれば「てこの原理」の事どす。
FXでは、少へん資金(証拠金)を元手として大きく運用し利益を生み出す事から使いまんねんわ。

わかりやすく数字を挙げてみまんねん。
たとえばやなあ1ドルが110円の時に5,000ドルを買う事にしたとしまっせ。
5,000ドルを1ドル110円で買う為にはなんぼの資金が必用になるでっしゃろか?

普通なら 1ドル110円×5,000ドル=550,000円 となりまんねん。

やけどアンタ、レバレッジを利用すると、本来なら550,000円が必要なモンをそれよりも少へん資金で買う事ができてしまいまんねんわ。
5,000ドルをレバレッジを利用する事で55,000円の資金(証拠金)で買うとすると、少へん資金でその10倍モンでぼちんの運用ができるのどす。
この証拠金がFX取引で実際にいごくお金となり、万が一損失が発生した場合には、この証拠金で賄う事さんどす。
証拠金とはFX取引を行う上での投下資金やけどアンタ、FXでは株式投資のように投資に必要な総代金をこしらえする必要はあらしまへん。
必要な総代金の数%?数十%の担保金を投下する事により運用する事が可能なのどす。

また、こうたドルをすぐに売りに出さず長期保有した場合、保有してる間はスワップ金利が発生しまっせ。
万が一、予想とさかさまの方向に進み損失が出ても、スワップ金利を得ていれば損失が少なくなりまんねん。
状況に応じてレバレッジをコントロールし、スワップ金利とあんじょう絡める事で大きな利益を得たりリスクを低く抑えたりする事も可能なのどす。



FXで勝つための方法

--------

関連エントリー

FX情報ブログTop >  まずはじめに >  レバレッジ